退職を言い出せない!怖いと感じる5つの理由と円満に辞める伝え方

退職を言い出せない!怖いと感じる5つの理由と円満に辞める伝え方
  • 退職を言い出せなくて怖い
  • 会社をスムーズに辞めたい
  • 退職を言い出すコツが知りたい

会社を辞めるときに、退職を言い出すのが怖いと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

後ほどくわしくお伝えしますが、怖いと思うのは上司が原因だったり、周囲の反応への不安など人それぞれ様々です。

しかし、怖いからといって、そのまま辞めようとしている会社に居続けるほど「ムダな時間」はありませんよね。

ちなみに怖くてすでに限界を迎えているのなら、コツもなにもなく「退職代行」を使ってしまうのが余計なことを考えずに辞められるのでベストです。

退職代行SARABAの公式サイトを見てみる

この記事では、退職を言い出すのが怖い5つの理由と円満に会社を辞めるコツを、同じように感じながらもこれまでの転職5回の経験から克服してきた僕がお伝えします。

記事を読み終えれば、怖いと思っていたあなたも前に進むことができますよ。

目次

退職を言い出すのが怖い理由5つ

退職を言い出すのが怖い理由5つ

人それぞれ違いはありますが、これまでの経験から考えると退職を言い出せなくて怖いと感じる理由は、下記の5つのどれかに当てはまるかなと思います。

  1. 上司を呼び出しづらい
  2. うまく伝えられるか不安
  3. 退職を伝える上司が単純に怖い
  4. 同僚への裏切りのようで申し訳ない
  5. 伝えた後に周囲の態度が変わりそう

あなたの環境にあてはめて、ご覧になってみてください。

1.上司を呼び出しづらい

退職を言い出す前段階、つまりセッティングするのに怖いと感じてしまいます。

ちょっとお話があるんですが、、、」とひとこと上司を呼び出せばいいのに、どうしても言い出せない、いつ言えばいいかわからないなんてことも。

言われた上司もなんとなく感づくでしょうしね。

言い出す前なのに起きてもいない悪いことを想像してしまうから、怖いと思ってしまうんです。

なにごとも同じですが、第一歩を踏み出してしまえば、その後は意外とすんなりいくもの。あなたの持っている最大限の勇気をぶつければOKです。

2.うまく伝えられるか不安

会社を辞めますと伝えたら「はい、どうぞ」とあっさり辞められる方が珍しいです。

必ずと言っていいほど、どうして辞めるのかと「退職理由」は聞いてくると思いますし、引き留めにあうケースも多いでしょう。

そう考えると、うまく伝えられるかなと不安に思う気持ちから言い出せずに、怖いと思ってしまいますよね。

とくに退職を伝えなければいけない上司は、普段からフランクに話せるような関係ではないケースが多いのでより緊張してしまって話しにくいです。

3.退職を伝える上司が単純に怖い

辞めるって言ったら怒られそう…。」「普段から詰めてくるタイプだし…。

なかには、退職を伝えなければいけない上司がこんなタイプで、話す前からめちゃくちゃ気が重いなんてこともありますよね。

ぶっちゃけ常日頃から理不尽な要求をしてくるパワハラ気質な上司や、理詰めでネチネチと責めてくる上司などに辞めると言うのがしんどいと感じるのは当たり前です。

4.同僚への裏切りのようで申し訳ない

会社を辞める=裏切り

こんな考えがまだまだ残っている会社や人も多いのが、日本のよくないところ。そんな風潮に流されて、いざ自分が退職を申し出るときも、同じように裏切りだと感じてしまいますね。

厳密にいうと、怖いとは少し違うかもしれませんが。

周りの目が気になって申し訳ないとか、陰で何を言われてるか不安、怖いと考えると言い出せなくなってしまいます。

5.伝えたあとに周囲の態度が変わりそう

退職を申し出たあとに、態度が急変する上司や同僚がいます。

たとえば、高圧的な態度を取られ暴言を吐かれたり、ひどい場合には、いじめや嫌がらせに発展するケースも。

あなたより前の人が退職したときに同じような光景を見ていると、自分も同じ目に合うんじゃないかと怖くて言い出せません。

こんなウソのような話、まだまだ実在するんです。

僕も退職を告げた途端に、暴言吐きまくりの態度へ変わってしまった上司に当たったことがありますね。

それこそ前の人が辞めるときも同じだったので、言うのが怖すぎでした。

退職を言い出せなくて怖いときに大事なこと

退職を言い出せなくて怖いときに大事なこと

ここで少し大事なことを言いますね。

退職を言い出せない!怖い!と思っても、ぶっちゃけ伝えるのは一瞬の出来事ですし、辞めるまでの期間はよっぽど引き留めに合わない限り、1ヶ月ほどで終わります。

実は、起きもしないよくないことを考えて不安に思っているケースばかりで、フタを開けてみれば意外となんてことはなかったとあっさり終了します。

精神的に追い詰められるような会社なら別ですが。

すぐに終わる!」と考えて、退職を言い出せば気持ちも楽になるはずですよ。

円満に会社を辞めるための伝え方のコツ3つ

円満に会社を辞めるための伝え方のコツ3つ

ここでは退職を伝えるのに、伝え方のコツや注意点をまとめておきます。円満に会社を辞められるよう、頭に入れて望んでみましょう。

  1. 退職理由を明確にまとめておく
  2. 会社や上司・同僚を悪く言わない
  3. 退職日はタイミング良いところを

上記のとおりです。

退職理由を明確にまとめておく

必ず聞かれるであろう「退職理由」をまとめておきましょう。

もちろん、どう伝えればいいかまとめておくのは大事ですが、僕が1番だと思うのは「退職後にどうするのか」です。

たとえば、

  • 独立して自分の力を試してみたいから
  • 新しいことに挑戦するために転職したい
  • 両親の介護のため仕方なく地元に戻るから

など理由はなんでもいいですが、しっかりとした辞めたあとの揺るぎないビジョンを作っておけば、上司はそれ以上なにも言えません。

なにを言われても変わらないぐらいの信念で挑むのが大事です。

会社や上司、同僚を悪く言わない

辞める理由のひとつに「現状の不満」が多数を占めている人も多いです。

  • 給料が低い
  • 人間関係が嫌だ
  • 仕事内容が嫌い

など、挙げればキリがなくなる人も。

もう辞めるからとなんでも話したくなる気持ちもわかりますが、できれば会社や同僚への不満をバカ正直に上司へ伝えるのはやめましょう。

噂が噂を呼び、なにひとつ良いことがありません。退職するときまで、なんとなく過ごしづらくなること必死ですよ。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるぐらいですからね。

退職日はタイミングの良い日を

通常は退職を伝えてから、約1か月後に退職日を迎えるケースが多いかなと思います。

会社を辞めるといった日や、実際の退職日が繁忙期の真っ只中ともなれば、普通の日に言うより印象が悪くなるのは当たり前ですよね。

引継ぎもあるでしょうから、なるべくあなたが抱えている仕事も整理がつくタイミングのほうがいいでしょう。

あわせて上司の機嫌が良い日に言えたらパーフェクトです。

退職を言い出せないのが怖くて限界なら

退職を言い出せないのが怖くて限界なら

退職理由もまとめたし、あとは勇気だけ。でも、やっぱり言い出せなくて限界…。

そんな場合もありますよね?

その他にも、たとえば二度と上司の顔を見たくないとか、明日から会社に行きたくないといった切羽詰まった状況だって考えられるでしょう。

  • 慰留ハラスメントを受けている
  • 退職日までの期間が耐えられない
  • 精神的にマヒしてただ我慢している

慰留ハラスメントとは?

会社側が退職の意思を示した従業員に対して必要以上の引き留め行為を行うこと。必要以上の引き留め行為とは、その従業員が退職させないように退職を認めない、嫌がらせを行う、恫喝・罵声などで脅す、最悪は暴力をふるって強引に退職を取り下げさせるといった内容です。

引用元:日本退職代行協会

ここまで来てしまったら間違いなく「退職代行サービス」を利用するべきです。

お金はかかってしまいますが、退職代行はあなたに代わって「退職の意思」を会社へ伝えてくれるサービス。

業者によっては、有給の取得などの交渉もできるので、ただ辞めるだけでなく自分では言いづらい部分もすべて叶えてくれる可能性がありますよ。

おすすめの退職代行比較を見てみる

当サイトのおすすめは労働組合で安心できる「SARABA」です。レスポンスの早さも神ですから、どんな時間でもまずは無料相談してみてください。

退職代行SARABAの公式サイトを見てみる

退職を言い出せなくて怖いを克服して次へ進もう

退職を言い出せなくて怖いを克服して次へ進もう

ここまで退職を言い出せない!怖いと感じる5つの理由と、円満に辞めるための伝え方についてお伝えしてきました。

繰り返しにはなりますが、退職を言い出せなくて怖いと思うのも、上司へなにを伝えていいか悩むのも行動すれば一瞬のできごとです。

ですから、最大限の勇気を振り絞って第一歩を踏み出してみましょう。

ダメなら退職代行を使えば安心して辞められますでの、心強い味方がいると思えば行動もしやすいです。

退職代行SARABAの公式サイトを見てみる

上司や会社のせいであなたの人生の貴重な時間をムダにされるのはもったいなさすぎですよ。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる