退職代行は後悔する?8つの事例から対処法を解説【安心の選び方あり】

退職代行は後悔する?8つの事例から対処法を解説【安心の選び方あり】
  • 退職代行で後悔した人の事例が知りたい
  • 後悔しないためにどうすればいいか
  • おすすめの退職代行業者が知りたい

退職代行を使って今すぐにでも会社を辞めたいけれど、実際に辞めたときに後悔してしまいそうで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

安心してください。
今は退職代行のレベルも上がっていてサポートも充実していますし、困っているのに使わないで辞めようと時間をかけた方が後悔します。

とはいえ、100%すべての人が後悔していないわけではありません。

なかには後悔した人もいますから、しっかりと見てみましょ!

この記事では退職代行を使って後悔した人・しなかった人の事例から、後悔しないための注意点・業者選びまでお伝えしていきます。

記事を読み終えれば、退職代行を後悔せずに使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイト1番のおすすめは
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

安心です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

目次

退職代行は後悔する?そんなことはありません

退職代行は後悔する?そんなことはありません

退職代行ってまだまだ世間のイメージが悪かったりしますから、使うと後悔するのでは?と疑問に思ってしまいますよね。

最初に言っておくと、退職代行を使うことで救われた人の方が多いです。

とはいえ、業者選びを間違えたり、うまく気持ちを切り替えられなかったりすると、使って後悔したと感じる人もいるのは事実です。

あなたが退職代行を使って後悔しないように、まずは後悔した事例、しなかった事例を見てみましょ。

退職代行は切羽詰まって使うことも多いから、少しだけ冷静になってこの記事を見てみるといいですね。

退職代行で後悔する事例3つ

退職代行で後悔する事例3つ
  1. 今の会社の人との関係性が崩れる
  2. 罪悪感や裏切ったように感じる
  3. 業者選びに失敗してしまった

上記の3つです。それぞれ見てみましょう。

今の会社の人との関係性が崩れる

退職代行を使うと、今の会社の人たちとの関係性が崩れるために後悔したケース。

急に会社を辞めていなくなるので、引き継ぎをする時間もないですし、まともに相談などもできないままでお互いが連絡を取りづらくなるからですね。

とはいえ、人間関係で悩んでいた場合など、今後は連絡を取らなくても大丈夫であれば全く関係なしです。

逆に取らない方が良いパターンですね。

それに本当に良い関係性を保てていた人とは、退職代行とか関係なく連絡を取り合えますよ。

罪悪感や裏切ったように感じる

退職代行を使ったことで「罪悪感」や「裏切り」のように感じて後悔するケース。

会社や上司に対して恨みしかないような人ではなく、なんだかんだ良くしてくれた先輩社員や同僚がいるのにあいさつもせず辞めてしまうからですね。

引き継ぎもしていないので罪悪感がこみ上げてきます。

とはいえ、罪悪感を感じるからといって今いる現状を変えたいのは変わりませんから、退職代行を使わないといった選択肢にはならなかったはず。

罪悪感や裏切りだと感じるのも最初だけです。必ず時間が解決してくれますよ。

業者選びに失敗してしまった

退職代行業者のことがよくわからず適当に選んだ結果、失敗して後悔したケース。

退職の通知をするのはどの業者も同じですが、会社へ条件交渉したり・お祝い金がついていたりと良く調べないで依頼して後々わかったときには遅いからですね。

あなたへの対応も様々ですから、業者によっては不安に思うことも。

たとえばこんな場合、、、

  • 有給消化を拒否されて交渉できなかった
  • 思ったよりも料金が高くなってしまった
  • 転職支援を使ってもお祝い金がなかった

このように退職代行についてある程度は把握しておかないと、勢いで使ってしまって後悔します。

後ほどくわしくお伝えしますが、目先の料金の安さなどで選ばずに、まずは「労働組合」か「弁護士」による退職代行を選んでおけば安心できますよ。

退職代行で後悔していない事例5つ

退職代行で後悔していない事例5つ
  1. 円満に退職できた
  2. 精神的な辛さから救われた
  3. 出社せず即日で退職できた
  4. ムダな引き止めから脱出できた
  5. 嫌な上司と顔を合わさずに済んだ

逆に退職代行で後悔どころか、使ってよかったと感じたケース5つです。くわしくはこちらも下記で。

円満に退職できた

退職代行を使って円満に会社を辞められて、後悔しなかったケース。

プロである退職代行に任せることで、これまでの経験をもとに問題なく退職へと導いてくれるからですね。

通常だと退職の意思をとてもじゃないけど伝えづらい状況だったり、勇気を振り絞って言っても引き止めにあったりと簡単には辞められない場合も多いです。

上司によってはまったく取り合ってくれないケースも。

退職代行を使えばどうして辞めたのか理由を業者に聞かれることはあっても、直接連絡を取り合うこともなく返却物は郵送でやり取りですから、意外とあっさり辞められます。

逆にあっけなさすぎて、びっくりするかもしれませんよ。

精神的な辛さから救われた

会社に行けないぐらい辛いときに、退職代行を使って救われたケース。

依頼をしたその日から、精神的な辛さの原因となっていた会社に行かずに済みますからですね。

本当にしんどいときは単純に言いづらいだけではなく、精神的に追い詰められていたり、会社に行きたくなくて毎日吐き気が起きていたりします。

そんな状態の人が、退職願を持って辞めたいなんて言えませんよね。

ましてや言わなければならない上司が原因の可能性もありますから。

退職代行はあなたが言えないことをすべて代弁して退職の意思を伝えてくれますので、会社に行くのすら辛くて悩んでいるならぜひ使ってもらいたいです。

出社せず即日で退職できた

即日で会社に行かずに辞められて後悔しなかったケース。

通常だと退職する1か月前に通知をするところも多く、就業規則によっては2カ月以上前に言わないと辞められないとてもしんどい会社もありますから。

もうひとつしんどい点があります。

退職を届け出てから、実際の退職日までの期間です。

もう気持ちもないのに1か月近く出社しなければならないのは意外と地獄で、辞めるといったのにすぐに行きたくないとすら思ってしまいます。

下記のようなことが原因です。

  • 後任が育っておらず引継ぎが大変
  • すべての仕事が終わりやることがない
  • 退職通知をしたあと上司の態度が急変

あなたの人生にとってムダな時間でしかありません。

退職代行に依頼をすれば、民法で定められた退職通知からの2週間に残っている有給を充てられるので、次の日から会社に行かずに辞められる仕組みです。

すぐにでも辞めたいのなら退職代行一択ですね。

ムダな引き止めから脱出できた

辞めると言ったのに辞められず、退職代行でムダな引き止めから脱出できたケース。

引き止めにあって、会社に残った時間こそあなたの人生でなにひとつプラスにならない可能性がありますから、早ければ早い方がいいのは間違いありません。

とくにブラック企業なら会社や上司によってはまったく話を聞き入れてくれず、退職なにそれ?といった状態になる場合も。

もちろん会社にもいろんな事情がありますから、人手不足だったり・後任がいないのであれば、当然あなたに簡単には辞めてほしくないのが本音です。

退職代行を使うことで、会社に行かずに辞められますので、ムダな引き止めにあわずに早く次のステップへ進めるわけです。

嫌な上司と顔を合わさずに済んだ

辞める原因となった上司にも、顔を合わさずに辞められたケース。

わりと多いパターンだと思いますが、顔も合わせたくないほど嫌な上司っていますよね。

仕事辞めますと言わなければいけない相手が、辞める原因となっている上司だったり、精神的に参ってしまった原因だったりもしますから。

そんな上司に限って、辞めると言ってからもパワハラを受けたりする可能性が高いです。

人間関係に悩み、早く辞めたいと考えたときこそ、退職代行を使えば後悔しませんよ。

退職代行で後悔しないために大事なこと

退職代行で後悔しないために大事なこと

実際に退職代行で後悔しないためにはどんなことを気をつければいいのかな?

下記の2つに気をつけていきましょう。

  1. 退職代行の流れを把握しておく
  2. 打ち合わせではすべてを話す

くわしく解説していきますね。

退職代行の流れを把握しておく

退職代行は代わりに会社へ通知してくれるものと簡単に考えていると失敗して後悔しますから、依頼から完了までの流れを把握しておきましょう。

とーっても大事です!

退職代行利用の流れ

  1. 退職代行へ連絡・無料相談
  2. 料金をお支払して正式申し込み
  3. 退職に向けた打ち合わせ
  4. 会社へ退職の通知
  5. 退職後のサポート

上記が退職代行を使って会社を辞めるまでの流れ。
おおまかでも構わないので、どんな手順で退職まで進んでいくのかを把握しておけば、後悔することも少なくなりますよね。

どの退職代行業者でも、大きくは変わりませんので安心してください。

退職代行のくわしい流れについてはこちらの退職代行を使う流れを退職後も含めて徹底解説!【アフター充実の業者も紹介】でもお伝えしています。

打ち合わせではすべてを話す

前述のとおり、退職代行業者が会社へ通知する前にあなたと詳細な打ち合わせをしますので、ウソをつくことなくすべてを話しましょう。

退職の通知をしたときに、会社側から辞める理由を聞かれる場合もありますし、ウソをつくと話が食い違う可能性があるからですね。

どんな場合でもウソはだめです。

引き継ぎから会社への返却物、そのほか注意しなければならないことなど、すべて退職代行へ話しておけばお互い理解できるので安心できますよ。

退職代行で後悔しない業者選び

退職代行で後悔しない業者選び
  1. 会社に交渉できる業者を選ぼう
  2. 相場金額どおりの業者を選ぼう

退職代行で後悔しないために、上記は業者選びの重要な2つの項目。これを抑えておけば安心です。

会社に交渉できる業者を選ぼう

まずは、退職代行に種類があることを知っておきましょう。大きく分けて下記の3つです。

退職代行には種類がある
  • 一般法人による退職代行
  • 労働組合による退職代行
  • 弁護士による退職代行
POINT!

あなたに代わって退職の意思を伝えるのはどの退職代行も変わりませんが、会社への交渉はできるところが限られてきます。

わかりやすく退職代行ごとに、できる内容を表にまとめました。

一般法人労働組合弁護士
退職通知
即日退職
会社へ交渉×
裁判の代理人××
退職代行の種類ごとにできること

このように会社へ交渉をするためには、労働組合か弁護士による退職代行でないといけません。

たとえば「有給の取得交渉」について、一般法人の場合には、、

会社に「辞めさせてほしい」や「残ってる有給を使わせて」と伝えられますが、「辞めさせない」、「使わせない」と拒否されたらそれ以上なにもできません。

もちろん、有給は労働者の権利ですから使えないわけはないんですが、退職代行を使われた企業のなかには態度を急変させるケースもありますからね。

仮に一般法人が交渉を行うと「非弁行為」となり、弁護士法に触れて違法となってしまいます。

少しでも辞められない可能性を減らす、もしくは良い条件で辞めるなら「労働組合」か「弁護士」による退職代行を選びましょう。

有給休暇を取得して辞めたいけど、ブラック会社だから認めてくれなそうだし、、。

そんなときこそ労働組合か弁護士の退職代行ですね!

相場金額どおりの業者を選ぼう

選ぶべき退職代行の種類がわかったところで、次は重要な利用料金

まず退職代行の料金は2万円の安いところから、10万円とちょっと高価なところまであり、業者によって幅広く設定されています。

これは先ほどの退職代行の種類に関係していて、裁判の代理人となって「損害賠償請求」ができるなど、他より対応力のある弁護士は高いです。

もちろん、高ければいいってものでもないですが。

わかりやすく表でまとめるとこんな感じです。

種類料金相場
一般法人2~5万円
労働組合2.5~5万円
弁護士5~10万円

単純に料金で比較すれば、交渉もできて一般法人とさほど料金が変わらないので、労働組合を選んでおけばやはり間違いなし。

それに、少し考えてみてください。

会社を辞めるときに訴える、もしくは訴えられるまで発展するのは、かなりレアなケースです。不正をしてしまったり、よっぽど揉めていない限り、弁護士の退職代行までは必要ありません。

裁判までは発展しないけれど、会社への交渉には備えて「労働組合による退職代行」を選びましょう。

返金保証がついている業者もあり

退職代行のなかには、失敗して会社を辞められなかったときに、代行料金を全額返金してくれるサービスがついているところがあります。

どこに依頼するか考えるときに、返金保証があった方がいいのか?そう考えて、悩んでしまう人もいます。

結論として、返金保証はないよりはついていた方がいいですが、退職代行の成功率は業界全体でも90%超えなので、そこまで気にしなくてもOKです。

失敗したことのない業者もあるぐらいです。

心配なら返金保証がついているところを選びましょう。


以上の2つが「退職代行を選び方」です。

退職会議としての結論は「労働組合による退職代行を選ぶ」です。会社への交渉ができて、料金は一般法人とほぼ変わりません。

退職代行の選び方
  • 労働組合による退職代行を選ぼう

裁判の代理人にはなれないけれど、会社へ交渉出来て違法性もないので安心です。

迷ったら労働組合でOK!

退職代行で後悔しないおすすめの業者

退職代行で後悔しないおすすめの業者

実際におすすめの退職代行業者はどこなの?

当サイトがもっともおすすめする退職代行は「SARABA」です!

いざ退職代行を使おうと思っても、検索してみるとたくさんの業者が出てきますので、どれを選んでいいかわからない人も多いです。

悩んで時間を無駄にするぐらいなら、「退職代行SARABA」を選んでおけば安心できますよ。

内容についてまずは下記をチェック。

運営会社株式会社スムリエ
代表者上谷美 幸樹
所在地福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32 ロゼ天神303
労働組合退職代行SARABAユニオン
対応時間24時間365日
返金保証あり
支払い方法クレジットカード
銀行振込
連絡方法電話
メール
LINE

退職代行SARABAの利用料金

アルバイト正社員
25,000円25,000円

2021年3月に27,000円から25,000円に値下げされました!

退職代行SARABAの連絡方法

電話メールLINE

退職代行SARABAのサービス

退職通知各種交渉即日退職返金保証転職支援追加料金
なし

退職代行SARABAはなぜおすすめなの?

大きな理由として、労働組合による運営なので、会社から退職を拒否されてしまったり、有給の消化を断られても認めてもらえるまで交渉してくれるからですね。

一般企業による退職代行だと通知のみで、交渉は違法行為です。

その他にも「いつ休んでいるの?」と思わせるような24時間即レス対応にも定評があり、深夜でも5分以内で返信が返ってくるスピード感。

それでいて代行料金は相場よりも安いという奇跡が巻き起こっていますから、ぶっちゃけSARABA以外に頼む理由がなくなりました。

まずは無料相談からでも話を聞いてもらいましょ。

退職代行SARABAの公式サイトへ

どこよりも安心して辞めたいのなら

退職代行SARABAについてくわしくは、退職代行SARABAの気になる評判・口コミ【デメリットも紹介】でお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行は後悔どころか安心して辞められます

退職代行は後悔どころか安心して辞められます

ここまで退職代行は後悔するのか?事例や業者の選び方も含めてお伝えしてきました。

後悔したことの多くはやはり罪悪感を感じたり、退職代行業者の選び方の失敗にした場合がほとんどですから、正しく選んで悩みすぎないのがベストです。

業者は迷ったら「労働組合による退職代行」を選んでくださいね。

もっというと「SARABA」でOKです。

いつまでも悩んでもったいない時間を過ごすぐらいなら、退職代行を使って新しい道を進んでいきましょ。正しく使えば後悔どころか安心して辞められますよ。

今回は以上です。

他の退職代行についてはこちらの退職代行を徹底比較!正しい選び方だからこそわかるおすすめ業者7選も参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる