月曜日はしんどいし、仕事行きたくないあなたへ7つの原因と対処法を解説

月曜日はしんどいし、仕事行きたくないあなたへ7つの原因と対処法を解説
  • 月曜日は仕事行きたくない
  • 日曜日の夜がとにかく憂鬱
  • 行きたくない原因と対処法は?

このように月曜日からしんどいし仕事へ行きたくない、日曜日の夜からすでに憂鬱に思うなど、休み明けの仕事に対して悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

それは「サザエさん症候群」といって、世界的には「ブルーマンデー症候群」と呼ばれているものです。

サザエさん症候群とは?

日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学や仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、日本における俗称である。

引用;Wikipedia

つまり、サザエさんが放送される時間が、ちょうど次の日の仕事を考えてしまう「日曜日の夕方」だからですね。

今回はそんなサザエさん症候群にかかり、月曜日の仕事のことを考えて日曜日から憂鬱になってしまうあなたへ7つの原因と対処法をお伝えします。

毎週月曜日が憂鬱にならないように、記事を読んで少しでも明るく改善していきましょ。

社会人歴「15年以上」の管理人の経験をもとにお伝えします。

最初に言ってしまうと、休み明けの月曜日に仕事へ行くのが辛すぎて限界なら、退職代行を使って辞めるのがベストです。

自分で退職を通知できる人は、最後の勇気を振り絞ってなんとか辞めればいいですが、それすらもできなくて悩んでいるなら他の選択肢はありません、退職代行一択ですよ。

月曜日に仕事へ行くのが限界なら
『 退職代行SARABA 』を使おう!
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます
安心です!

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけしんどすぎるのならば使わない手はないんですよね。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

目次

月曜日はしんどい!仕事行きたくない…その7つの原因とは?

  1. 週末を楽しみすぎる
  2. 夜更かしをしてしまう
  3. すでに心が限界に近い
  4. 仕事で我慢を続けている
  5. めちゃくちゃ嫌な上司がいる
  6. そもそも会社に行きたくない
  7. 嫌な予定やトラブルを抱えている

仕事からくる「ストレス」や「土日の過ごし方」が原因となっていることが多いです。くわしくお伝えします。

①週末を楽しみすぎる

週末の休みを楽しむのはとてもいいことですが、この「平日と休日のギャップ」が気分を見事に下げてくれます。

「あー楽しかった」と思ったそのときが、きっと日曜日の夕方。その後、「明日仕事か…」と急に現実に引き戻されて、まるで「映画が終わった後の悲壮感」みたいなものを感じてしまいますからね。

楽しい時間なんてあっという間です。

気持ちの切り替えがあまりうまくできず引きずりやすい人は、特に感じやすいですよ。

②夜更かしをしてしまう

睡眠時間が少ないのも原因のひとつ。
寝不足だと起きたときの憂鬱感はより大きくて、このままいなくなろうかと思うぐらい月曜日の朝は特に行きたくないと思ってしまうからです。

とはいえ、休みに入ると「生活リズムが乱れがち」。

前日の土曜日につい楽しんでしまいますよね。

寝る前についスマホで動画を見てしまったり、眠れなくてお酒を飲んだりしてしまうと逆効果で、よりしんどい思いをしてしまいますよ。

③すでに心が限界に近い

すでに「仕事のストレスで限界」に近ければ、行きたくない、しんどいと思うのは当然のこと。

理由はなんであれ精神的に弱って限界だと、特に休み明けの月曜日のしんどさの感じ方は、他の曜日に比べてレベルが違っています。

そのうち体にも影響が出始めるので厄介ですね。

取り返しのつかないことにならないように、いち早く行動して脱出した方がいいのがこのパターンですよ。

④仕事で我慢を続けている

自分に「合わない仕事」を続けていると、特に月曜日は行きたくないと思ってしまいます。

嫌な仕事だけど、無理して、無理して、なんとか休みまで耐え抜いたあとの週明けほど、ツラいものはないですからね。

このような状態は意外と危険で、あまり我慢を続けているとそのうち精神的にやられてしまいます。

趣味などが楽しめなくなったら危険度MAX。

⑤めちゃくちゃ嫌な上司がいる

よく職場での問題に挙げられる「人間関係」。その中でも特に多いのが、上司との関係性についてですね。

自分と合わない上司でめちゃくちゃ嫌いだったりすると、「この人と過ごすまた嫌な1週間が始まるのか…」なんて考えて、憂鬱感のかたまりとなってしまいます。

管理人の僕もまさにこのパターンを経験しました。

ぶっちゃけ合わないものは合わないし、嫌いな人を急に好きになることはありませんので、完全に離れてしまうのがベストです。他人を変えるのは不可能に近いですからね。

⑥そもそも会社に行きたくない

根本的に「会社に行きたくない」と思っている人も多いです。

そもそも仕事に対してやりがいを感じていて、会社に早く行きたいと思って働いている人の方が、絶対的に少数派なのは間違いありませんからね。

生活のため、お金のために働いているんです。

このような場合、月曜日とか関係なく毎日仕事に行きたくないと考えているので、もしかしたらすでに重症かもしれません。

  • 理由をつけて会社を休んだことがある
  • ふとした瞬間、嫌になり涙が出てしまう
  • 通勤途中に引き返してしまった経験あり

上記のような状態ならより危険。今すぐ脱出した方がいいレベルです。

⑦嫌な予定やトラブルを抱えている

休日も仕事のことを考えちゃうタイプ」は当てはまりますね。

こんな状況なら要注意

  • 月曜日から嫌な予定がある
  • まさにトラブルを抱えている
  • まだ表になってないミスがある

仕事と休みをしっかりとオンオフできないと、休日も常に仕事のことで頭がいっぱいです。そんな中でも特に「引き延ばし癖がある人」は特に憂鬱になりやすいと思います。

後回しにしてきたことを、休日に考えてしまうからですね。

そうして「月曜日からしんどい、仕事行きたくない…。」となるわけです。

月曜日なんて関係ない人もいる

  • 仕事が楽しすぎて早く行きたい
  • 休みなく働いているから関係ない

こんな人もいます。
良いも悪いも、「日曜日・月曜日にとらわれない人」です。

まずは悪いパターンとして、「休みなく働いている人」ですね。

休みなく働いていればマヒしてきて、月曜日だ日曜日だと「行きたくない」なんて考える暇もないです。ただし、プツンと糸が切れた瞬間はちょっと危なくなります…。

とにかく仕事に打ち込んでいる状態ですね。

逆に良いパターン。
仕事が楽しくて早く行きたい」と考える、仕事をするなら目指したい理想的な姿です。

ぶっちゃけこんなこと思って仕事に向かう人は、ごく少数なのが現実。

とはいえやりたかった仕事だったり、とても待遇の良い環境など、難しいけど巡り合えば「仕事が楽しくて仕方ない!」となります。

中にはこんな人もいるってことですね。

月曜日に仕事行きたくない、しんどいときの対処法

  1. 日曜日の夜の過ごし方
  2. 仕事を整理してから週末へ
  3. 自分に合った仕事を探してみる

月曜日に仕事行きたくない…しんどい…、いわゆる「サザエさん症候群」になってしまったときに試したい「対処法を3つ」まとめます。

①日曜日の夜の過ごし方

週末を楽しみすぎる人はコレです。
まだ「月曜日に仕事行きたくない」の入り口ぐらいですから、「日曜日の夜の過ごし方」を少しだけ変える方法で改善します。

日曜日の夜の過ごし方

  • 早めに就寝する
  • ジムで運動する
  • 趣味の時間にする

このなかで重要なのは「早く寝ること」ですね。
月曜日から始まる仕事を、万全の状態で迎えられる準備をするために、日曜日をゆったり過ごすだけです。趣味に没頭してもいいし、ジムで運動でもいいでしょう。

「嫌だ…仕事行きたくない」と、つい夜更かしをしたり、お酒を飲みすぎたり、現実逃避をしてると、月曜日の朝には行きたくないが加速します。

寝る前のスマホもかなり良くないですね。

土日に楽しみすぎて仕事行きたくないとなってしまう人は、まず「日曜日の夜の過ごし方」を変えてみましょ。

②仕事を整理してから週末へ

仕事が整理されていると休日も変わります。
「大きなトラブル」ならもちろんですが、「嫌な仕事」や「自信がないような仕事」を後回しにせず、休日へ臨むのがとても重要です。

仕事が残った状態で休日を過ごすと、どうしても休みとはいえ仕事のことを考えてしまう瞬間が来てしまいます。

たとえば、週明けから重要な商談が入っていると、「うまくできるかな?」と不安な状態になりますし、逆に「トラブル」が表面化されていなかったりすると、「上司に怒られる…。」と嫌な気持ちになるなんてことも。

このように仕事で不安要素が残った状態でいるから、当然「仕事行きたくない…」となる可能性が高いですよね。

すぐには難しいかもですが、なるべく仕事が休日をまたがないような努力をすると変わってきますよ。

③自分に合った仕事を探してみる

月曜日どころか「いつも仕事行きたくない…」なら、その仕事はあなたに合っていない可能性が高いです。そうなれば、もう「サザエさん症候群」のレベルを超えてます。

生活習慣や仕事の取り組み方を変えても、結局は仕事が合わないので「ストレス」を抱えこんでしまうでしょう。

ですから、ここまで来ると「転職一択」です。
よっぽどの理由がない限り、そんな仕事にしがみついても、絶対にいい方向にはいかないですから。

とはいえ、いきなり辞めても「生活が困る」とか「なにしたいかわからない」などいろいろ問題が出てくるので、まずは在籍しながらじっくりと探してみましょ。

無理を続けるぐらいなら動けるうちに動く!

焦って転職して同じ失敗をしては、意味がありません。

おもな仕事の探し方

  • 転職サイトで探す
  • 転職エージェントに登録
  • 知人に頼る

自分に合った良い仕事に巡り合うためには「転職エージェント」が必須ですね。最初から最後まで無料でやってくれますし、経験豊富なエージェントが相談・交渉など、とても動いてくれるからです。

客観的に見られることで、自分ひとりでは気づかなかった部分に気付き、「自分に合った仕事」が見つかりますよ。

おすすめの転職エージェント

月曜日が行きたくなくて限界なら退職代行

月曜日行きたくないどころか、仕事自体行きたくなくて限界なら「退職代行」です。

費用はかかってしまうデメリットはありますが、冷静に考えられないぐらい「心が疲れている場合」には間違いなく有効です。こんな場合にも。

  • 辞めると言い出せるない
  • まともに取り合ってくれない
  • パワハラなど環境が悪すぎる

もう明日から会社に行きたくないという「即日退職」にも対応してます。

辞めたくても辞められない人の強い味方だね。

今なら「転職先のサポート」もついているところも多いので、とっとと辞めて次に進みましょ。ただしお金がかかることなので、判断は慎重に。

当サイトでもっともおすすめするのは「退職代行SARABA」です。

「会社に交渉できる」+「費用も安い」+「返信が早い」の三拍子そろった退職代行ですよ。

≫SARABAの公式サイトへ
安心して辞められます

まとめ:月曜日に仕事行きたくない、しんどいときは我慢せず行動を

これまで月曜日仕事行きたくないあなたへ原因と対処法をお伝えしてきました。

「月曜日に仕事行きたくない」と思うのは、実はみんな同じ。同僚も上司も電車で隣に座った人だって、みんな「サザエさん症候群」なのかもしれません。

人それぞれ程度は違いますが。

月曜の朝から「ニコニコ笑顔」で出勤してる人なんて見たことありませんよね?だからこそ、ただ「嫌だな…」と思っているだけでなく、自分に合った対処法で前向きに行動していきましょ。

毎週月曜日につらい思いをする人生なんてもったいないですよ。

今回は以上です。

月曜日に仕事へ行くのが限界なら
『 退職代行SARABA 』を使おう!
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます
安心です!

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけしんどすぎるのならば使わない手はないんですよね。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

あわせて読みたい関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる